プロフィール

緑の大地

Author:緑の大地
名前:大地
年齢:40代後半
   
仲間と、05年に会社を興し、 
悪戦苦闘の毎日です。

気が向いたら?(あはは~)
経営コンサルタントもやります。

仕事で全国各地回ってます。
あなたの街にも行きますよ~
その時は遊びましょう♪♪

「楽しくなければ、
     生きてる意味はない」

「優しくなければ、
          人間じゃない」

皆で、楽しみましょう。
宜しくお願いします。

最近、バイクが趣味になりました。
(なかなか乗れませんが・・・)

カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
ブログランキング
ランキング参加してます!! 応援お願いします!!!
  
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
大切なことーⅡ(奇跡の出来事)
今日は前回の続き~~~ってことで。

なんとなく、良い夫婦に助けられて、私の新しい人生がスタートしたのです。

研修二日目は、やる気満々で迎えた・・・

正直な話心の中では「簡単じゃ~~ん」そう思っていたと思う。

二日目も、初日と同じで現地に放り出されました。

でも昨日と違うのは「やる気満々!!」

だってだって~~私には、取って置きの「スペシャルトーク」があるからです!!

そうです!!昨日の
「今日入社したばかりですが、もう辞めようと思っています、でも辞める前に一軒でも話を聞いてもらいたいのでお願いします」 ・・・・

ウフフフフ・・・・・

朝から元気に街に飛び出しました!!!

結果は!!!!        何故か?「駄目」

三日目

勿論スペシャルトークを、引っさげて颯爽と街へ・・・・

結果は・・・・・       ん?  「駄目」

四日目

スペシャルトークに、多少の疑いを持ちながらも、、
何故なら、この二日間初日の倍は訪問してるのに、誰も!一軒も!!
話を聞いてくれない、、まるで「犬猫」状態で「しっしっ・・」
そう言わんばかりだったから。

それでも、人間って悲しい動物で、一縷の望みを持って頼ってしまう。勿論それしか知らなかったということも有るのだろうが。

結果は   当然「駄目」

その日の夜は、正直な話

「駄目かもしれない・・・自分にはこの仕事絶対に合わない!!
辞めたほうが良いかも(得意技)」そう考え始めてました。

で!!考えた結論は「明日が研修最終日だから明日駄目なら辞めよう」

まぁ~~元来の「病気が?」出たわけです(笑)

『初日のご夫婦との約束なんて、どこ吹くかぜ、、、』
なんと恩知らずな、、、恥ずかしいですね。(反省)

運命の

五日目

その日は朝からあいにくの雨、でも今日は駅前で傘を買い
(その当時「コンビニ」なるものはまだまだ数は少なかったと思います)

とにかく頑張ろう、、で、、街に出て行きました。 

午前中本当の話この研修期間中で、一番沢山歩き廻って訪問した件数も
一番!!

結果は     とりあえず「駄目」

近くの喫茶店に入り、食事をして。

午後  午前中と同じぐらいの仕事をやったと思う。

結果は     う~~ん「駄目」

「やっぱり合わないのかな~~」そう思いながら、
先輩との、待ち合わせ場所に。

でも、1時間待っても先輩は来ない、、、
痺れを切らして、会社に電話したら「あぁ~~○○は、別の現場に移動してもらったから、、、そうかそうか、お前が居たんだな~~
う~~~ん~~電車で帰って来いよ!!」  そう言われた。

なんと無責任な!!

「もう絶対に辞めよう!!!」

駅に行き電車の時間を見ると次の電車は1時間後。
それまで寒いから近くの喫茶店で時間つぶしをすることにしました。

喫茶店に入ぼーっとして、お茶を飲んで(多分ココアだったと思う)
体を暖めました。

体が暖まってくるにつれて、、、仕事のことを考えている自分が居ました。

「売れないな~~~」
「自分にはこの仕事は、出来ないのかな~~」
「将来性はあるのかな~~」
などと考えていました。

その時ふと、、「3年は辞めないのなら、買ってあげるよ」そう言ってくださった旦那さんの言葉が!!

そうだ~~~約束したんだ・・・

でも、こんなに一生懸命やっても、誰も話すら聞いてくれない、
   こんなに一生懸命お願いしても誰も話すら聞いてくれない、、、

その時!!!!!!!!

またまた、「奇跡」が「奇跡的な思考が」私の頭の中で「弾けました」

決してオーバーな表現ではないのです!!
それまでの私だったら絶対にたどり着けない思考だったのです。

それは。

  「本当に、一生懸命『お願い』したの???」でした。

この時の思考が私の人生の一番大きな『岐路』だったと思います。

私は、まるで夢遊病者のごとく喫茶を出て、、
傘も差さずに街を歩いていました、、、

しばらく歩くと関西地方で言う「文化住宅」要は長屋形態のアパートです。 時間は7時ごろだったと思います。

そこで、雨に濡れながら一軒一軒

「お願いします話を聞いて下ださい」  そう言って頭を下げて廻りました。

その結果!!!なんと!!!そのうちの一軒で旦那さんらしき人が!!



「こんな時間に何考えてんねん!!あほが!!!」そう言って。
奥から飛び出てきて雨に濡れてる私に

ダメ押しの、全く意味の無い「水」をかけました(笑)

凄いショックでした。   
泣きそうでした。(多分心は泣いていたと思います)

しばらくは、アパート街の外れで、雨に濡れながら、煙草を吸い
心を落ちつかせました。

「なんでだろ~~どうして分かってくれないのだろ~~」

号泣してる心ではまともな思考が出来ません、、

「帰ろうかな~~~」

そう思って鉛のように重くなった心と体を駅のほうに向けて歩かせました。   時間は9時ごろだったと思います。


文化住宅の中を(両脇は住宅の玄関です)

とぼとぼと歩いていました

その時  大泣きしている私の心は多分「神」になっていたのでしょうか?
それともただの「放心状態」だったのでしょうか。


自分でも信じられない行動に自然と「気負う」ことなく「臆する」ことなく出てました!!!!

なんと。

目の前の(正確に言うと「目の横」)(笑)

文化住宅の玄関を叩いて奥から人が出てきたら
雨でべとべとのそれも「泥の地面に」

    土下座して!!

   『お願いします話を聞いてください!!』

多分心だけじゃなく本当に泣きながらお願いしてたと思います、、、

一軒目   太った(関係ないか)(笑)奥さんが
      「お兄ちゃんごめんね~~うちあかんわ~~」

二件目   より太った(ごめんなさい)奥さんが
      「うち今、全くお金に余裕無いから・・・」

三軒目、四件目   この二軒は正直な話 全く記憶に無いのです。  
そして、、、五軒目

    素晴らしく美しい奥さんが、、多分年齢は70歳ぐらいだった    と思います。あはは~~~

     『お兄ちゃん!!!良い若いもんがそんなことしないの
      どうしたの?』

    そう言ってくれました。

私は『お願いです話を聞いてください』   そう言うと


その奥さん、、、いや、「オバァちゃんが」(失礼)

      『良いよ聞いてあげるから、入りなさい』
 と玄関に入れてくれました。  

勿論べちょべちょ。  そんなことには構わずに私は必死に話をしました。  研修に入って2回目の経験です。

しばらくしてオバァちゃんが。

  『うちもお金無いから、高いものは買ってあげれないけど、
   一番安いのなら買ってあげるわ~~』

  我が耳を疑いました、、、しばらく意味が分かりませんでした、、


その日自分のアパートに戻り風呂に入り、、
一晩中心は泣きながら、、、考えました。

  「自分はなんて、他人(ひと)に助けられてるんだ、
   今までなんて『自分勝手だったんだ』・・・」
 
  落ち込みました。

  『明日からは正直に生きよう!!!』
  『自分に、嘘をつくのは止めよう!!』

そんなことを考えながら、、

         「人生の最大の岐路」 の日は終わりました。

以上です。

その日から、営業マンとしては、うぬぼれに聞こえるかもしれませんが、、、いや多分うぬぼれでしょうね!!
私より能力の高いと感じる人に出会ったことはありません。

営業マン向けの本などで知名度は全国区の、人にも
 「○○君は多分僕のであった中で最高の営業マンだね、僕以上だね」 
そう言われたことは、一人や二人では有りません

   決して自慢話をしてるのではないのです!!

  『人間は誰しも助けられてる』と思って生きてれば当然の結果だと   思いますし。

   何よりも、
 
   
   その後の私は自分でもびっくりするほど勉強しました。

   奇跡的に出会った二つの家庭
   私に「頑張れ頑張れ」そう言ってくれてる二つの家庭

   その人達のことをいつも考えながら、半分は「意地」になって
   それこそ気が狂ったみたいに勉強しました。
   
   出来て当然ですよね!!!あはは~~~      


ふぅ~~~毎度のことながら取り留めの無い文章になってしまいましたね!!!

次回は、、ガラッとムードを変えて、、

『世の著名人』がいかに無学で、あほかを、辛口トークを交えながら
書いてみたいと思います、、これから「起業」しようとしてる人は
必見ですよ~~あはは~~

           では~~~さようなら~~
           有難うございました!!! 


a_01.gif



スポンサーサイト

出来る人の条件 | 2006/03/24(金) 01:56 | Trackback:(0) | Comments:(3)

営業って断られる事によって臆病になるか
勇気を奮い立たせるか・・・どちらかなんですね。
セールスマンは商品を売る前に自分を売れ!
などと昔の上司によく言われたものでした。
ドナパパさんは芯の強い人なんですねー
なかなか実行できることではないので。
そして「人間は誰しも助けられてる』と思って生きてれば当然の結果だと・・・」そうですよね
人間みな生かし生かされているですものね。
改めて考えさせられました。
忙しい日常の中で忘れてしまいがちですが
とても大切なことです。
思い出させてくれたドナパパさんに感謝です。
2006/03/24 金 06:17:35 | URL | まろ母 #gfAHeF2.編集

らりさんのところから来ました♪
kk9292さん、いい方たちに出会えて本当によかったですね。
『人間は誰しも助けられてる』って、若いときはわからなかったけど、今ならよくわかる気がします。
その気持ちを忘れずにがんばってください!
#そして、東京にもドッグカフェをオープンしてくださ~いv-273
2006/03/24 金 18:55:24 | URL | yukiko #io4Xwcjk編集

まろ母さん有難うございます。
私は「自分を売る」事がとっても苦手でした、
何故なら、自分の「人受け」にあまり自信が無いからです(笑)
ドナの写真有難うございました。後で行きますね

yukikoさん、コメントどうも~~うれしいです。
そうですよね~~年を重ねると「見えてくる世界」
って言うものは有りますよね~~
悲しいような・・・うれしいような・・・あはは~
東京ドッグカフェー・・東京苦手だしな~~
あはは~~
関東ブロック(新宿・銀座・大宮・千葉支店)の
管理者の時代に3ヶ月だけ住んでいましたが・・
仕事とアパートとパチンコや(笑)の行ったりきたりでした。  あはは~~
まぁ~候補地として考慮します!!!
2006/03/25 土 01:02:55 | URL | kk9292 #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。