プロフィール

緑の大地

Author:緑の大地
名前:大地
年齢:40代後半
   
仲間と、05年に会社を興し、 
悪戦苦闘の毎日です。

気が向いたら?(あはは~)
経営コンサルタントもやります。

仕事で全国各地回ってます。
あなたの街にも行きますよ~
その時は遊びましょう♪♪

「楽しくなければ、
     生きてる意味はない」

「優しくなければ、
          人間じゃない」

皆で、楽しみましょう。
宜しくお願いします。

最近、バイクが趣味になりました。
(なかなか乗れませんが・・・)

カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
ブログランキング
ランキング参加してます!! 応援お願いします!!!
  
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
大切なこと
今日は、仕事を通して私が大切だと感じたことについて書いてみたいと思います。

それは、もう27年前~~~(ずいぶん時間がたってるな~~)

会社に入って神戸支店に配属になる前に、本社で、研修がありました。
研修と言っても、現場に放り出されて「ドアツー」してこいでした。
「ドアツー」って分かりますよね?  要は「訪問販売」です~

その日は、朝から雨でした、簡単なツールを持たされて、
「簡単だから、要は売ればいいのだから・・・・」そう言われて、
雨の町に置き去りにされました。(取扱商品は伏せさせてください)

最初は、ビルなどを廻っていたのですが、そんな都合の良い建物はすぐに無くなり、雨に濡れながらとぼとぼと歩いていました。

喫茶店に入り、煙草を吸いながら、
「なんていい加減な会社だ!!少しは教えてくれるか、少なくとも先輩と一緒に廻らせてくれるか。今日入ったばかりで、出来る筈無いだろうが~~~~」そう思っていました。

喫茶店にいつまでも居れるわけなど無く結局お金を払って、私は雨の町に再び、出て行きました。傘も持っていなくてしばらくすると、下着までビショビショになってきて気持ち悪いし・・・
近くの公園で雨宿りしながら、、、「もうこんな会社辞めてやる~~~」(得意技)  そう決めました。

でも、先輩が迎えに来てくれるまで、時間は4時間もあるし、、
どうしたものか、考えていました。

その結果、出た答えが、私の人生の、「岐路」になったと思う。

(人生の中では沢山の岐路が有るんだろうけど)

出た答えは。

「明日辞めるのなら、折角だから、あと4時間一生懸命やってみよう」

でした。

今思うと、我ながら感心だな~~~そう思います、多分その時は、奇跡的に、そのような思考になったのでしょう。(感謝)

早速、雨の町に歩いていきました。


一軒目の家で
「今日入社したばかりですが、もう辞めようと思っています、でも辞める前に一軒でも話を聞いてもらいたいのでお願いします」 そう言いました、でも「けっこう!!」
二件目も、「けっこう!!」三軒目も・・・・・

それから、延々と同じことの繰り返し・・・そうこうしてるうちに、
先輩との待ち合わせ時間が近づいてきました、
最後の、一軒かな~そう思ってときに、目の前に一階が五所帯二階が
五所帯の、アパートが有りました「ここの一階部分で最後にしよう」そう思って、

例の
「今日入社したばかりですが、もう辞めようと思っています、でも辞める前に一軒でも話を聞いてもらいたいのでお願いします」 

・・・・・一軒目駄目二件目駄目三軒目駄目、、、そして四件目。

私の運命を変えた四件目。

奥さんが、炊事場で料理を作ってる姿が網戸越しに見えたので、
「すみません、、」それから例のトーク。

すると!!!

「お兄ちゃんどうしたのそんなに濡れて風邪引くよそんなことは良いから、入っていらっしゃい」そういって玄関を開けてくれました(二月でした)

玄関に入ると奥さんがタオルを持ってきてくれて、
「これでふきぃ~~」  ありがたく拭かせてもらいました、
それから、
「寒いから、上がってストーブにあたり~~」そう言ってくれたのです。

嬉しかったですね~~

でも私は、「濡れてますから、ここで結構です」そして例のトークをもう一度言いました。

すると奥から旦那さんらしき人が「にいちゃん聞いたるから、上がっておいでや~~」そう言ってくれました。

「じゃ、ビニール袋でも、敷いてください」そうお願いして、上がらせてもらいました。

旦那さんが「なに?」

その時私は、商品知識も何も知らないのに気がつきました。

それでもあること無いこと(擬)(笑)
しゃべり続けました、、約10分ぐらいの時間が経過したと思います。

     その時

旦那さんが、

  「さっき聞こえたたんだけど、今日入ってもう辞めるんだって?」

そう言って来たので私は「はい」と答えました。そうしたら・・・

旦那さん  「買ってやるわ~その代わりにローンがきくんだろう?」

私     「はい」 

旦那さん  「お兄ちゃんがあと3年辞めないと約束してくれるのなら       3年ローンで買ってあげるわ~~」

私はしばらく考えて「分かりました、頑張ります有難うございました」


結果初日に契約が取れて、本社に戻ると社長や上司の方々がビックリして「おめでとう」そう言ってくれましたが、私の耳には何にも聞こえてなかったように思います。

旦那さんに言われた「3年は・・・・・・」そればかりを考えていました。    

    「よし!!!最低3年頑張ろう!!!」

そう決めてその日は自分のアパートに戻りました。

以上が私の運命を変えた日です。

それから25年間営業マンとして、マネージャとして、経営者側の人間として、うねぼれだと思うのですが
「自分はかなりのレベルで能力は有る」そう思っています。

それは

あの日の、旦那さん、奥さんが居たからこそです!!
(今思えば、あの家庭に私が売った商品は多分必要の無い商品だっと思います。)

多分今の私を見ていただいた時に

「あの時自分達が(旦那さん奥さんのことです)きっかけを作ってあげたからだね~私たちも貴方(私)が誇りですよ!!!」

そう言ってもらえるように、仕事に取り組んできました。

   「有難うございました」

今は名前も、顔も忘れましたが。

今こうして書いていても、「あぁ~~頑張るぞーーーー」そう思って
力が湧いてきます。

この気持ちにこれまでも何度も、助けられました。

「本当に本当に有難うございました、おかげで私は今ここにこうして
元気で、『生きがいを持って』生きれる人間になることが出来ました」


でもでも!!!!!

この経験から、「やることやれば、何とかなる!!」そう思ってしまいました、、、

確かにそれも大切なんでしょうが・・・もっと大切なことに気がついたのは、それから、一週間後でした(恥ずかしい話ですが)

その話は、次回に書くことにします。

ちなみに・・契約書はガタガタで間違いだらけでした・・あはは~


取り留めの無い話を乱文にて、失礼します。

 
スポンサーサイト

出来る人の条件 | 2006/03/23(木) 00:10 | Trackback:(0) | Comments:(4)

営業って大変ですよね~。
私には無理かも。営業スマイルだけは出来るようになりましたけどね(苦笑)
そのご夫婦、元気で暮らしておられるといいですね~。
2006/03/23 木 03:42:50 | URL | ナルトママ #-編集

おつかれさまです!
これからもっと勉強します!
2006/03/23 木 04:47:22 | URL | 風の詩 #-編集

営業職は本当に大変!!
私も教材売りや保険のセールスマンとして
営業やっていた時期もありました・・・懐かしい
営業は度胸がないとできないですよ~
わたしはへたれなので続かなかったけど。
そのご夫婦にはドナパパさんの度胸が
伝わったんですね。
2006/03/23 木 07:07:16 | URL | まろ母 #gfAHeF2.編集

ナルトママさん有難うございました!!
「営業スマイル」で、全てが「円満」あはは~
ご夫婦は元気で居て欲しいです!!
人生の中で出会った人に
「もう一度合いたいランキング」同率一位の方々です。

風の・・・
うん!!しっかり勉強して!!
まぁ~そのセリフは聞き飽きたけどね!!

まろ母さん!?
営業やってたのですか???
凄いですね~~~~それも教材?生保?
ハードなやつを・・・・あはは~~
もし機会があればお話したいですね!!!

皆様
これからもよろしくお願いします
2006/03/24 金 02:24:53 | URL | kk9292 #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。