プロフィール

緑の大地

Author:緑の大地
名前:大地
年齢:40代後半
   
仲間と、05年に会社を興し、 
悪戦苦闘の毎日です。

気が向いたら?(あはは~)
経営コンサルタントもやります。

仕事で全国各地回ってます。
あなたの街にも行きますよ~
その時は遊びましょう♪♪

「楽しくなければ、
     生きてる意味はない」

「優しくなければ、
          人間じゃない」

皆で、楽しみましょう。
宜しくお願いします。

最近、バイクが趣味になりました。
(なかなか乗れませんが・・・)

カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
ブログランキング
ランキング参加してます!! 応援お願いします!!!
  
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
叱る(技術編)
私はビジネスで「テクニック」と言うものを
嫌います、技術なんて誰でも出来ると思うからです、
大切なのは「精神」だと思っていますから、
(リアルな付き合いの回りの人には、)
(「技術優先主義者」みたいに感じられてるみたいですが・・)

でもたまには「技術編」でも書いてみようと思い、
今回の記事にしました。
日常に使うには、「変換」が多少難しいかもですが、、、
(簡単かも・・あはは~~)

これから、少しずつ「技術編」も書いてみようと思っています。
でも「技術」なら、その辺の書店で売ってる
「ハウツー」ものでも、十分かもですね!!
(以前、良く出版したら?などと言われましたが。。)
(と。。軽く「自慢話」などを・・・あはは~~)

今回は前回の続き、って感じで書いてみたいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------

定着

仕事である以上どんな業種にも、
「技術」と言うものは存在します。

その技術も、何段階もあり、
経験を積み重ねていくに連れて、
身に付いていくものです。

今回は、指導者から見た、技術の「定着方法」を書いてみたいと思います。
(これは技術だけじゃなく精神的な定着にも応用できるはずです)


--------------------------------------------------------------------------------

技術の定着には
段階があります。

まず

「教える」
「見せる」(順番はどちらでも良いです)
「やらせる」
「結果の評価」
「自信の定着」
「技術の独立(習慣化とでも言いますかね?定着の上のレベルです)」

こんな感じで定着していくんですかね?

今回はここに「怒る(叱る)」を入れて、
技術と同時に、チーム教育も行っていく方法です。

--------------------------------------------------------------------------------


まず「教えます」「やって見せます」
その後「やらせて見ます」

で、出来なかったら、
また「教えます」「やって見せます」
そして「やらせて見ます」

出来たら

「みんなの前で、褒めます」
褒め方は、
「○○はこれが出来たぞーーー」で良いと思います。爆

で、、、機会を待ちます。
それはその人が、
出来たことを、失敗するのをです。

失敗したら、滅茶苦茶叱ります。
それもチーム皆がいる前で、

「お前なら出来て当然の事だろう!!」って感じですかね~~

しかし、叱る前に用意する物があります。
それは、
チームの中の技術的なことで、
その人にしか出来ない事があればベストですが、
無い場合は、チームの平均技術より、その人が
上回ってる技術的な事での「質問です」

それが用意できた上で、
失敗してくれたら、
滅茶苦茶叱り倒し!!!あはは~~

で、しばらく時間を置いて、その人に

「○○(用意した質問)あれはどうなってるの?」

で、その人が答える、(答えないと意味有りません・・あはは~)

注:同じ失敗を二度した場合は、
「本人は出来ない事」と言う認識を持って、
「叱り」ません、
もう一度
「教える」から始めます、
勿論出来たら「褒める」ことは忘れてはいけません。


--------------------------------------------------------------------------------

これで、チーム内でのその人の立場も上がるし、
本人も「叱られても、気持ちの切り替え」と言うことの
大切さを学びます。


--------------------------------------------------------------------------------

指導者と言うのは、いつでも
「叱れる」能力が必要です。
「怒れる」能力が必要です。

心の底からの「怒り」でも「叱り」でもありません。

必要だから」なのです。

勿論怒った(叱った)後に
すぐにでも「冗談」で笑える事は当然ですよね!
怒って(叱って)自分自身が、
いつまでも、グダグダウダウダしていたのでは、

「3流指導者」です。
良き指導者とは

「感情コントロール」が出来るのは当然です。


やはり、技術編はブログでは書きにくいですね~~
書き出すと、箇条書きになりそうで・・・
それに、読んでくれてる人たちが、退屈しそうで・・・
ん??いつも「アンタの記事は退屈だよ!!」って・・シュン・・あはは~
ウンウンと頷いていないで、ポチでもして行ってね!あはは~
スポンサーサイト

出来る人の条件 | 2006/11/06(月) 02:06 | Trackback:(0) | Comments:(6)


先にこちらから読みました!
順番前後すると気持ち悪いからです(爆)

「褒める」って大切ですよね
みんなの前で「褒める」効果がさらに高くなりますからね!
叱るからその効果もさらに高くなりますよね!

そういうこと技術的に考えたことなかったなぁ!
2006/11/06 月 11:04:39 | URL | sakula #-編集

私は今の仕事場で、叱られたという記憶がないです。
イヤミ・陰口を、言われたことや聞いたことはいっぱいありますが(^^ゞ
逆に誉められたこともありません。

大地さんが、ここに書かれていることの全てがないんです・・・( ̄□ ̄;)!!

当然、経営側の家族と従業員には、とても大きな溝があります。

どうやら、その溝が埋まることはなさそうです(^^ゞ
2006/11/06 月 14:16:50 | URL | だゆ #-編集
え、全然退屈しないですよ~!
むしろ引きこもりあ、いや引き込まれて
しまいました~!
やはり教える(育てる)ってのは
根気が必要ですね~
改めて思いました!
チョット自分が出来るようになると
そんなことも蔑ろになってしまいがち
なんでしょうか?(私だけ?)
”気持ちの切り替え”
やはりなんに対しても基本は心ですね~

とにかく参考にさせてもらいま~す!
(こりゃ儲けた!笑)
2006/11/06 月 21:53:34 | URL | ぺろりん #odhe05w2編集

Sakulaさん おつかれさま~
褒めるのはとても大切ですし、難しいです!
タイミング・・etc・・
上司の一番大切な能力だと思いますね。
2006/11/08 水 01:43:48 | URL | 大地 #-編集

だゆさん おつかれさま~~
かなり「劣悪な環境」で仕事してるんだね・・・かわいそうに~~~
私が代わりに「叱って」やろーーー爆
2006/11/08 水 01:45:05 | URL | 大地 #z8Ev11P6編集

ぺろりんさん おつかれさま~~
果たして。。儲けたのか・・あはは~~
いつもありがとうございます。
2006/11/08 水 01:45:54 | URL | 大地 #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。