プロフィール

緑の大地

Author:緑の大地
名前:大地
年齢:40代後半
   
仲間と、05年に会社を興し、 
悪戦苦闘の毎日です。

気が向いたら?(あはは~)
経営コンサルタントもやります。

仕事で全国各地回ってます。
あなたの街にも行きますよ~
その時は遊びましょう♪♪

「楽しくなければ、
     生きてる意味はない」

「優しくなければ、
          人間じゃない」

皆で、楽しみましょう。
宜しくお願いします。

最近、バイクが趣味になりました。
(なかなか乗れませんが・・・)

カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
ブログランキング
ランキング参加してます!! 応援お願いします!!!
  
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
企業競争力とは?
最近バタバタが、、、慢性化してしまって、、
記事のアップどころか、PC開いても、
ブログの方まで、これません、、、
これから先、ペース的にこれが普通になりそうです、、
更新ペースも遅れがちになりそうですが、
これから先も、皆様よろしくお願いしますね。

--------------------------------------------------------------------------------

本日の記事は、前回の記事に対して
頂いたコメントの中の質問に対する、
私の、見解を書いてみたいと思います、

私のこの拙いブログにも、
自営業者の方や、企業経営者、役員、指導者。
その様な方々がお越しいただいてると思います、
今日の記事は、
ややもすると、疑問、反論、反感を感じるかもしれません、
しかし、あえて書かせてもらいたいと思いますので、
その様な、コメントもいただけると大歓迎です。

--------------------------------------------------------------------------------

まずは、前回の記事に頂いたコメントから、



毎日社員が残業してる会社っていうのは、指導者の能力が低いためですかね?
処理しきれない仕事量を下に要求しているということでしょうから。
それとも上の判断した社員達の能力が予想以上に低いためですか?
見通しがきくぐらいのがんばりで済むような仕事量なら人はがんばれると思うんですけど、
やってもやってもどうにもならない!
くらいの仕事量を突きつけられると向上心もなくなって
生産性があがるどころの話しじゃなくなると思うのですが。
残業あほほどさせる会社というのは社員を育てる気もなくて
馬車馬のように働かせて使い捨てする気持ちなのでしょうか?
それともこれくらいやれなくてどうする、
という感じでふるいにかけてるんですか?どっちにしても人を人として見てませんねえw
最近の日本の職場事情はどうなんでしょうか、
緑の大地さんが感じる限りでは?ざっくり言ってしまうとすれば
(もしざっくりで答えられるのならば答えて頂けるとうれしいです)

おぎ~さんからのコメントです。(原文のままです)

--------------------------------------------------------------------------------

私も、経営陣として、20年近く勤めてきて、
企業コンサルタントとしても、仕事をさせていただいて、
今は曲りなりに経営者もさせてもらっています。

その中で、上の質問に、私なりの見解を書きたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

まず、残業に対してですが、

沢山の理由があると思います、
でも、一番の理由は、
経営側の、経営方針だと思います。

残業しなくても、経営できるだけの、
売り上げなり、業績なりで、
経営する事が、一番大切なのは
何処の経営者でも分かっている事です、
しかし、
世の中はそれではいけないと求めているのです、
これは沢山の原因が有ります、
その中で、
今日は社員の給料で、
話してみます。

昨今中国製品の脅威は、
多岐に渡る分野で、言われていますね。

同じ製品を作るにしても、
日本で作る場合と、
中国で作る場合とでは、何が違うか?
特に日本の場合、
原材料は、その多くを海外からの輸入でまかないます、
ので、その送り先を日本にするか、中国にするかだけの問題ですから、
基本的に原材料費は、さほど違いは有りません。

では、問題となる人件費はどうか?
これは具体的な数字を出すまでも無く、
格段の違いがあるのは、お分かりですよね。

極端な話、
日本人の高いサラリーでは、
現在の生産業は、やっていけない!!
そう言っても、良いかも知れませんね。

その中で、日本と言う国は、
他国との競争をしている訳です。

業種的に無関係、、、などと言うのは、
子供の発想でして。
経済の一部で既に、
「価格破壊」が起きてるのは、
皆さんお分かりでしょう!

その中で、国内では、
安い商品との、
「競争」が避けられない状態です。

現在の我が国の経営者の殆どは、
その競争にどの様に立ち向かってるかと言うと。

同じ土俵の上で戦っているのです、

どういうことかと言うと、
「安い商品」の流れに勝てないから、
商品を沢山作る、と言うことです、
(分かり易い表現で書くと。)

その結果、大量の時間をかける。
残業が増える、、、、

この様な業界は確かにあると思います、
もちろん似たような状態に、有る企業は多いと思います。

これは何が問題か?

私は我が国の
国民の「就業意識」にもあると思っています。

仕事をすれば、

「給料もらえるのが当たりまえ」

と言う意識です。

確かに、生産性が上がれば
給料はもらって当たり前でしょう!
でも、
現在、企業として、仕事をすればするだけ、
「赤字」と言う企業は決して少なくありません。

では、何がいけないのか?

これも沢山の原因は有りますが、
今回は、一番過激な原因対策の部類の見解を、
書かせてもらいます。

原因は???

「雇用するからです」

私は、企業の最大の目的は、

「人の雇用」

であると思っています。
そう思っている企業家は今でも多いと思っています。

それが、足枷になっているのです。

天下の松下電器を例に挙げましょう。
松下幸之助は、
「リストラはしない」と明言してました。

がしかし、、、遂に近年、
松下も、、、リストラを敢行しました、、、

企業として、入ってくるお金と、
払うべき給料とのバランスを考えれば、
当然の事でしょう。

その辺の、対応の遅れてる職場、企業は、
残業のオンパレードでしょう!

これは、企業経営者の、怠慢のなせる業だと思っています。

企業としての必要な売上高はあります。
それの基本は、
まずは人件費のはずです、
(勿論立ち上げて間もない企業は違う所が有りますが。)

その人件費を元に、必要な売り上げを
算出したら、、、、

先ほど書きましたが、
中国と我が国の人件費が、
例えば、2倍としましょう、

と言うことは、最低でも我が国の
社員は中国の社員の2倍は仕事をしないといけないわけですね。

この状態は、40年前のアメリカが、
日本に感じたことと一緒ですね。

「エコノミックアニマル」と呼ばれてた時代です。

中国の社員が、安い賃金で、
我が国の社員の、2倍の仕事をしていたら、
どうなりますか?
我が国の社員は4倍しないと、
中国と同等にならない計算ですよね!

簡単に書くとこの様になります。

ではどうするべきか??

これはとても難しい問題です。

アメリカは、この問題に対して、
関税を引き上げたり、貿易の自由を
認めなかったりしましたが、
それでも、それははかない抵抗でした、

現在の世界でその様な事は出来ません。

じゃぁーアメリカのように、
「失業率」を上げますか??
リストラをどんどん敢行して行きますか?
それも、我が国の指導者は、
なんとしても、

「それはしたくない」と

それこそ、今必死に「道」を模索しています。

その中で、社員レベルの人達はどうか??

経営者側の必死な模索を
一体どれだけの人が理解しているのでしょうか?

勿論経営側も、全てが、そうだとは言いません。
未だに、

「我が身可愛い」

と言う、
「乞食」みたいな経営者がいないとは言いません。

でも、その様な経営者は少数でしょう。
圧倒的に、

「何とか、円滑に雇用の維持をしてあげたい」

と言う経営者が多いと私は思っています、
(そう願っています)

でも、この問題を解決した国は、
歴史上未だかつて無いのです。

アメリカ的解決方法が、
我が国で使えるとは誰も思わないでしょう?

ヨーロッパ的解決も然りですね、
我が国では使い物になりません、

我が国は我が国独自の方法で
解決せざるを得ないのですね!

残念な事にこの解決方法は、
未だに明確な方向が、見えてません。

中途半端なリストラ、
中途半端な給与カット、
中途半端な退職年齢引き下げ、
、、、、etc、、、
どれも、抜本的解決方法とは言えません。

我が国の企業が、
企業本位の考え方をしたら、
我が国の完全失業率は
ものすごいことになるでしょう、、、
下手すると、15%を超えてもおかしくないでしょうね。

我が国は、

「単一民族国家」です、

国民全員が、とても仲の良い国です。
ですから、各企業も、
企業を守る為だけの、
リストラの敢行はしません。

それが、悪循環の原因の一つでもあるのですが・・


--------------------------------------------------------------------------------

これ以上書くと長くて、意味不明の
連続になりますので。

今日の時点では、

私は、

おぎ~さんのコメントに対する答えは、

必ずとも、企業だけの問題ではないのです。
雇用されてる人も、高い賃金をもらってるんだと言う事を、
忘れて欲しくありません。
賃金が高いか安いかは、比べるべきは、国内ではなくて、
海外だと言う事です、

今我が国は、国際競争力では、
多分かなり劣っている国だと思われます、

それなのに、贅沢さと、物価の高さは世界でも
最高の部類、、、

このバランスの是正も、早急に解決するべき点でしょう。
賃貸マンションの家賃の高さ、
我が国は、どうしてこんなに高いのでしょうか??

これは、今の世代が良く考えて、
次なる世代に、教育をして、
50年後に解決すれば、
よい問題でしょう。

社会主義国家になれ!
などと、馬鹿げた事を
言う気は有りませんが。

現在の我が国は病んでます。

年金問題でもそうですよね!!

毎月、15000円積み立てて、
年間18万円
それを40年で、720万円。
それが、年間約80万円が、
20年受け取れるとしても、
総額、1600万円、、、、

こんな馬鹿げた、話がありますか???

大昔の、お金が投資で、増えた時代なら、
可能でしょうが、
現在は破綻してますね。

我が国は、国民が
全員仲良しですから、
この問題も、解決できてません。

いつになったら、
我が国の指導者たちは、

「矛盾の演出」が出来るのでしょうか?

年金制度??
給与制度??
雇用制度??

「それは昔の事ですよ~~
これから先は、ムリですよーーーー」

って、声高々と、宣言するのは、
誰なんでしょうか?

次の総理大臣???
まぁー絶対にムリでしょうね~~

私は、国民として、この辺の解決に、
たまには、時間を使って、悩んでいますが、
私レベルでは皆目見当も付きません。。。

--------------------------------------------------------------------------------


おぎ~さん
質問の答えになっていないかも知れませんが、

当然中には、

アホな経営者も多数います、
我が身可愛さで、
売り上げアップの為だけに、
社員を使ってる人もいるのも事実です。

そんなアホな企業にいつまでも、
いるのは人生の損失です。

確かめるのは簡単です。
経営側に
「意見を求めましよう」

誠意ある回答が戻ってこないような企業は、

さっさと辞めた方が無難でしょうね!!


--------------------------------------------------------------------------------

今回の記事の中で、
現在、我が国の中でも、

他国との競争力でトップクラスの
業種も沢山有るのも、事実ですよ!!

そんな企業の経営者が、
現在の流れに便乗して、

「搾取」し放題の企業も、

数多くあるのは、とても悲しい事実です。。。


スポンサーサイト

間違いだらけの、常識。 | 2006/09/03(日) 03:25 | Trackback:(0) | Comments:(25)

残業するのが美学、と思っている方々もいれば、時給制のアルバイトになれすぎていて、労働をお金で換算しがちな現代の若者のような考え方もアリ・・・非常に難しい問題です。要はバランスですよね、経営者側と雇われている側の利害が一致すれば、残業だろうが、フレックス制だろうが、そういうことは関係なく、自覚して受け止めることができるはずなんですが・・・。
 目的意識がぼんやりしすぎているせいもあるのかもしれません。生活のため、家族のため、それだけでなく、もうワンスパイス、働く側にも必要な時代になってきているような気がします。でないと、自分も企業も生き残れない、というか・・・あぁ、うまく言えない^^;
2006/09/03 日 09:04:36 | URL | ナオ #-編集
幼稚な考え方かもしれませんが
私の思うに皆お金に執着しすぎ?では
と思ってしまいます!自分のミスでとか
後で「ああ、こうすれば残業しなくでも
よかったよなぁ~」と思ってもやっぱり
残業代もらうのかな?だいたい毎年
必ずベースUPってのは都合がよすぎなんじゃないかと!毎年給料が上がる分生産性も
比例して上がるかというと厳しいんじゃないかと思います!自分の生産性を冷静に
把握すればおのずと愚痴がなくなる(もしくはもっと増える?)んでは?
とにかく勉強になりました!
緑の大地さん、おぎ~さんありがとうございました!
それと迷惑でなければリンク貼らせてもらっていいでしょうか?(って回答が出る前に
先に貼るっときますが 笑 )
よろしくお願いしま~す!
2006/09/03 日 09:33:26 | URL | ぺろりん #bvGyghKE編集

こんにちは♪
こんな長い記事をよくまとめますねぇ~!

かって十数年前中国に行った時に給与は日本の十分の一ぐらいだったでしょうか。
その頃から日本のハブ構想は崩れはじめてましたね。
結果的にはシンガポール、インドの方にシフトしていったんですかね。
日本は物価が高くて勉強には行くが事務所は置かないといってましたね。

中国と同じ土俵での勝負は無理だと思います。
時間差(タイムリー)、付加価値差などがキーポイントになるように思います。

同じ土俵だと給与差をカバーする方法は限れれてきますよね!

僕はいまアメリカよりはヨーロッパ(ユーロ圏)を注目しています。
もちろん日本はユーロとは別文化ですが
付加価値の作り方ではヨーロッパに近いと思っているのですがね・・
偉大なる思い込みです..笑い

2006/09/03 日 12:43:07 | URL | キヌー #-編集
ちょっと前に新聞だったかな、ハンバーガー1個を買うのに、どれだけ働かないといけないのかっていうのを見ました。具体的な数字は忘れちゃったんですけど、日本は数分の労働で買えちゃいます。もちろん最も短い労働時間です。長いところは何時間も働かないと買えないそうです。それだけ賃金が高いってことなんですよね。
普段は、隣の日本人の贅沢さを見て、なんて私は安月給なの!!ってぼやいたりしてますが、確かに世界的にみると最も贅沢な生活をしている人種です。なのに、ロシアでの市場競争に日本は大きく出遅れてるという情報もあり、まさに国際競争に劣ってる今の日本に将来はあるんでしょうか?本当に危機に瀕した今の状況を明るい将来にできるような人に総理大臣になって欲しいです。
残業の話からずいぶんそれましたが、ジェレミーのところの職場事情はお粗末過ぎて書けませんでした。
2006/09/03 日 14:31:37 | URL | ジェレミー #-編集
長くて読むのが大変だったけど、なかなかいい事を書いていますね (*^-^)ノ
この記事の内容を理解してくれる人が一杯いると嬉しいです (*ノノ)
今の時代の景気の牽引役となっているのはIT業界ですが、アフォな法改定により来春以降倒産する中小企業や廃業する個人事業主がかなり出てくると思いますので、日本の景気回復はそこで一旦落ち込むと思います ヾ(´ー`* )ノフッ
既に、3Bbakuの所にも危険を感じた中小企業からの相談や合併の話も頂いていて悩んでいます (´・ω・`)
会社をあまり大きくしたくない、裏番長希望の3Bbakuでした ♪d(⌒o⌒)b♪
では、恒例のポチッと。。。
2006/09/03 日 15:29:42 | URL | 3Bbaku #-編集

難しい問題ですね。
小ボケは読むので精一杯です。
日本人全員が考えなければならいないことだと思います。
ゆで蛙になってはいけないですね。
2006/09/03 日 22:36:07 | URL | koboke #d3xRQPUk編集

とても勉強になりました
確かに多くの経営者の方が
自分の社員を守りたい、雇用し続けたい、
そう思って努力してると思います
そして正社員の給与を確保するため、
人件費を抑え、でも生産性を保つためのひとつの手段として
人件費の安い派遣社員の活用が増えたんだとも思っています
そして
“ 社員の穴を埋めるため派遣を使い捨てる ”
という考え方も同時に生まれたのかもしれません
度々感じる悔しい現実ですが
それにいじけてちゃいけないんですよね
企業が派遣を使い捨てにしようとするなら
使い捨てにされない派遣社員になるしかない
すごく難しいことですが それを目標に掲げてきました
とはいえ このままでいいのか?と考えることも多いこの頃ですが・・・
すみません
大地さんの記事からずれたかも
でも
企業があるから派遣も働けます
その事実をしっかり受け止めて
明日からの1週間も企業先様のため、頑張ってきまーす とポチ凸
2006/09/04 月 00:16:16 | URL | マダム #-編集
こんにちわ。
ほー、へー、うーむ、なーる・・・・と読ませて頂きました。
すーっと頭に沁み込みました。
憂いがあり、でもニュートラルで、なのに熱く説得されますね。いつもながら。
不勉強な我が身に気付きを下さって、ありがとうございます!
来て良かったです。
2006/09/04 月 11:51:32 | URL | なが #-編集

コメント頂いた皆様、コメント返しが遅れてますが、
後ほどいたします、
いつも有難うございます!!!
2006/09/04 月 13:48:41 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

へぇぇぇ!残業増えてるのにはそんな裏話が有ったんですね。

でも考えて見ればその通りですね~。

自分の頭じゃどうしたらいいかなんて想像出来ません(ノ_<。)

でも 残業するしかないんですものね

^^つ凸
2006/09/04 月 20:28:05 | URL | アッシュ #-編集

う~ん。。。
今回の記事、書いてある内容は理解できたが、噛み砕いて意見を吐き出せ!
と言われると、
硬くて噛めない。。。
ましてや飲み込めない。。。。
って感じです。

それでもカズオ的に思ったことを…

成長するために努力している。

末端の作業員だが、いないと仕事にならない訳で、、、
いないでもいいよ!って言われるレベルは本当にいらない訳で…。。。

必要としてもらう為に努力するのは当たり前。
そのための残業なら喜んでするべき!

必要としてもらう!が大事!
大地さんも言ってましたが人は独りでは生きていけない。。。
生きていけないから、その為に成長し、必要としてもらう!

末端の作業員が苦労しているなら、経営者はその3倍は苦労してるんじゃないのかな?

雇われてる限りは一生懸命に仕事をさせてもらう!(当たり前!)
それが嫌なら、辞めればいいと思う。。。
辞めようと思えばいつでも辞めれるんだから。
辞めないのはその仕事が好きだから?
好きなら頑張らないと!!

あくまでカズオ的意見です。。。
嫌なことは極力したくない!
しかし、もっと嫌な事(リストラ)を避けるために、軽い嫌な事(残業)を進んでする!
って結論に、達しました!
2006/09/05 火 00:23:55 | URL | カズオ #-編集

ナオさん おつかれさまです!
経営側の思惑と言うものに対する疑問は有ります、
私服を肥やす為の企業経営と言うのは、
もう既に時代では無いと思います。
社員も、経営者も、企業があっての自分です、
企業第一と言うわけでは有りませんが、
職場を大切にする意識は持ちたいですよね!!
2006/09/05 火 00:25:58 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

ぺろりんさん おつかれさまです
リンク大歓迎です!こちらこそ宜しくです!
お金儲け的な企業は今かなり減ってると思うのですが、、、
そんなレベルで、企業経営が出来るほど、
甘い時代ではないような気がします、
まぁーどちらにしても、より人間らしい、
生活がしたいですね!
2006/09/05 火 00:28:56 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

キヌーさん お疲れ様です。
長いので、、タダだらだら書いてるだけですよ~~
ヨーロッパ的な、方向に伸びていけるのが、
日本だけじゃなく、世界の目指す所かも知れません、
勿論そのレベルでは、北米は、ある意味かなり前から、
その様な方向で進んでいるのかも知れませんが、、、
頑張れ日本です!!
2006/09/05 火 00:31:20 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

ジェレミーさん おつかれさま~~
ハンバーガーですか?
どちらにしても、日本は、全てが、高すぎですね~~
世界通貨の時代は来るのでしょうかね?
そのときに、今の資産家たちがどれほどの損失を出すのでしょうか?
見ものですね!
2006/09/05 火 00:33:39 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

3Bbakuさん おつかれさま~~
流石、経営陣ですね!
仰るとおりですよ、来年以降かなり厳しい業種も出てくるでしょう!
私も頑張らないとですね~~
我社と、合併?吸収?どうですか??あはは~
2006/09/05 火 00:35:29 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

kobokeさん お疲れ様です。
そうですね!
そろそろ、政治に興味が有ろうが無かろうが、
国民全体が考える所に来てると思いますね、
勿論解決策は、賢い人たちが出すとしても、
国におんぶに抱っこの時代ではないですね!
私も勉強しますね。
2006/09/05 火 00:38:34 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

マダムさん おつかれさまーー
お互いが、感謝する心を持って、対峙する事はとても大切ですよね!
企業も、雇用形態に関係なく、市民も、
家族親戚他人関係なくすごす時代かもしれませんね!
なんだか、近未来のSFみたいですね!
そんな時代なのかもです・・・
2006/09/05 火 00:40:56 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

ながさん おつかれさまです
コメント有難うございます。
タダ単純に、思ったことを取りとめも無く書いてるだけです、、
今後ともよろしくお願いしますね!!
2006/09/05 火 00:42:16 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

アッシュさん おつかれさま~~
サラリーマンは大変でしょうね~~
私は、気楽で良かったな~~あはは~~
このまま気楽に人生過ごしたい物です!!
あはは~~
2006/09/05 火 00:43:37 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

カズオさん おつかれさまです
書いてあるように考えれると、企業と社員は上手く行くでしょうね!
皆がそうあるべきでしょうね!
企業も、真直ぐであって欲しいですね!
この問題はとても、難解です、、、私も全く分かりません!!あはは~
2006/09/05 火 00:45:56 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

ありがとうございます!(コメントに返事して頂いて)
記事の方話題が多岐に渡って僕の知らないことも多々あるので、ふむふむとしか言えないですwそれでも記事から読み取るに(残業の話しについて)日本の企業(どの業種かよくわかりませんけど)は国際競争で生産量を増やすことで生き残るスタンスをとって、今現在は破綻をきたしてるって感じなようで、今その辺の打開策を模索中ということでしょうか?
個人的に思うのは仕事を増やすより仕事を簡単にすればと思うんですが、その辺は既にやりつくされちゃってるんですかねえ?その会社がどこまで大きくなりたいかっていうことによってもいろいろ仕事の仕方も変わるんでしょうけども。・・・そうですね、『意見を求めましょう』てことなんですね。(勝手に納得しましたw)自分の意志をはっきりしとけってことですかね。
いろいろ考えさせられる記事でした、ありがとうございますw
2006/09/05 火 11:10:28 | URL | おぎ~~ #-編集

言っている事は理解できます。
でも、コメントに書こうと思っていた事までも書いてあるくらい・・・長いよ~(笑)

私は昔から臆病なので、雇用契約を結ぶ時は
疑問な事、不安な事はすべて質問して解消しておきます。
後になって『こんなはずじゃ・・・』っていうのは、半分は自分のミスにもなるし。
当初の契約内容と違えばもちろん、何故なのか聞いた方が良いですよね。答えられなければ・・・次回の更新はないです。そんな会社イヤだもん(笑)

当社はそのへんの線引きはハッキリしていますよ~。残業代・休日出勤代つかなくても頑張ってしまうのは、上手く扱われている証拠かな?(汗)でも全然イヤじゃないんだよなぁ・・・
2006/09/05 火 13:40:21 | URL | ネギ #-編集

おぎ~さん お疲れ様です!
またまた、、熱くなるコメントを・・あはは~
そう言う事で、又記事で返事しましたよ!!
あはは~~読んで見てくださいね!爆
2006/09/05 火 13:52:51 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集

ネギさん お疲れ様です!
あはは~
実は書いてる本人が、意味不明で、、、
書きながら、、、書いた記事にコメントしてしまってるんですよ~~自爆
上手くまとめる事ができなかったですよ・・
よい職場と言うものは、一言で言うと、
「楽しい」はずですよね!
ワイワイ楽しいではなくて、
「充実」した楽しさ?って言うのですかね~
これ、、、記事ネタですね!!又書きますよ!この辺。あはは~~
ありがとう。爆
2006/09/05 火 13:56:17 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。