プロフィール

Author:緑の大地
名前:大地
年齢:40代後半
   
仲間と、05年に会社を興し、 
悪戦苦闘の毎日です。

気が向いたら?(あはは~)
経営コンサルタントもやります。

仕事で全国各地回ってます。
あなたの街にも行きますよ~
その時は遊びましょう♪♪

「楽しくなければ、
     生きてる意味はない」

「優しくなければ、
          人間じゃない」

皆で、楽しみましょう。
宜しくお願いします。

最近、バイクが趣味になりました。
(なかなか乗れませんが・・・)

カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
ブログランキング
ランキング参加してます!! 応援お願いします!!!
  
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
部下に振り回される上司
相変わらずの状態です・・・すみません・・泣く・・

少々時間が有るので、
先日の記事のコメントの中に質問があったので
それに対して書いてみたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

>以前の話で「上司は部下の言うことを聞かなくて良い」
といった感じの話があったと思うのですが
責任の取り方という点で
今回の話と上手く頭の中でリンクさせることが出来ません。
何かありましたらよろしく御願いいたします。

ミュジニーさんからのコメントです。ありがとうございます。


--------------------------------------------------------------------------------

私は経営者の社員からの最高の評価は

言う事がコロコロ変わる」です。

人は立場が上がったり、責任が増えるにつれて、
「カバー」しなければいけない範囲が広がります。

立場や責任が無い時でも、
「自分の中の複数の人格」と対峙するのに、

立場や責任がつくことにより、
より多くの、人格や、事情を考えなければいけなくなります。

しかし、その様な「万能」な人間は居ないと私は思っています。

上司になって、良く見受けるのが、

「部下の意見を聞くことにより」

方針を見失う上司」です。

何故ならば、以前も書きましたが。
仕事において能力や経験値、
身に負っている「責任」の違いが
上司と部下の関係だと思います。

部下は何処まで行っても、

部下の「視野」

で物事を捉えてる事は間違いの無い事実です。

中には、
部下時代から、視野の広い人もいるのも事実ですが、

責任がないのに責任感と言うものは出てきませんから。
「責任感」は全く無いのです。

良く考える社員と言う人はまれにいます。
その様な人は、自身の頭の中で物事を考えて。

「将来の練習」としてトレーニングするべきです。

上司をやっていると、

自分より能力の高い部下」と

誰でも遭遇します、、、、これは必然だと思いますね。

でも、だからこそ・・

その様な部下に意見を求めて、
その意見に自分の意思が変わるのならば・・・・

上司をその部下に

権力譲渡」すれば良いのです。
(権力譲渡に対しての記事は又の機会に書きますね)

自ら後進に道を譲るべきです

以前も書きましたが、

部下を育てる為の勉強会と、
実践は違います。

実践上では、上司は部下の考えで動くのではなくて、

部下が上司の考えで動くものなのですね。

「立場の交代」が来るまでは、
上司は

「孤独と戦い、矛盾と戦う」

それが職務だと思います。
--------------------------------------------------------------------------------

ミュジニーさん 答えになっていないですかね?
あはは~~

いつもコメントくださる皆様。
コメレスも出来ていません・・・本当にごめんなさい・・
スポンサーサイト
良き指導者に~~ | 2007/01/28(日) 12:52 | | Comments:(13)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。