プロフィール

Author:緑の大地
名前:大地
年齢:40代後半
   
仲間と、05年に会社を興し、 
悪戦苦闘の毎日です。

気が向いたら?(あはは~)
経営コンサルタントもやります。

仕事で全国各地回ってます。
あなたの街にも行きますよ~
その時は遊びましょう♪♪

「楽しくなければ、
     生きてる意味はない」

「優しくなければ、
          人間じゃない」

皆で、楽しみましょう。
宜しくお願いします。

最近、バイクが趣味になりました。
(なかなか乗れませんが・・・)

カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
ブログランキング
ランキング参加してます!! 応援お願いします!!!
  
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
言葉と文字。
「意志の疎通」とても大切な事ですよね。
「言葉」と「文字」の持ってる大切な役割の一つですね。

もしもここで、
言葉と文字の、「立場」??はどちらが上でしょうか?
と言う、、唐突な質問をしたら
皆様どの様な答えをしますか?

更に質問に、

どちらが「人の成長により必要でしょうか?」と付け加えたらどうですか?

私は、言葉と文字言うのは、文明の発展には
無くてはならない物だったと思います。


「言葉」

人類が言葉と言うものを持っていない時代の、

「意思疎通」はどの様にしていたか?

これは、現在社会でも同じですが、
長い時間をかけて、相手の考えてる事を「察する」事により伝える、、
もしくは、体で感じる、、、「攻撃を受ける」、、、etc、、、
この様な方法で伝えていたと思います。

ですから、この時代は(言葉が確立していない時代)
「少人数社会」を形成していたわけです。

この様な意志の疎通だと、
意思疎通が出来るようになるまでに、
時間が掛かります、
それ故に長い時間を、共有し易い「家族」と言う単位が、
基本になり易い訳です。

しかしそれでは、組織としての「力」は発揮できないわけですね。
原始人も「組織力」を利用する事に気が付いて、
生活レベルは急速に発達します、
「集団での狩り」を一つ例に挙げても、
そのことは簡単に説明する事が出来るでしょう。

(このレベルで話を続けると、とてつもなく長文になるので、、)
本論に戻します。

私は現代社会において、
言葉のもつ意味の「大切さ」
特に「ビジネス社会」においての大切さ。
と言うものを、事有る毎に良く話します。

何が大切なのか?と言うと。

「情報の把握」です。

「情報」

これは現代社会だけではなく、
人が「2本足歩行」する以前、、、
もっと言うと、
世の中に、生きている全ての
「動物」に対して関係あることである事はお分かりでしょう。

情報の種類は膨大です。
あえてここで、書く必要はありませんよね?

その情報も、「言葉」が無ければ簡単には伝わりません。

今回書きたいことは何か?

それは言葉の勉強をしましょう。

と言うことです、
言葉は現在世界中で数多くの原語が使われています、
別に何ヶ国語も話せる必要性を言っているわけではないのです。
殆どの人が、自国の言葉で、生活してると思いますから、
勿論、最近の世の中では、数ヶ国語を話せる人も
珍しくありません、
しかしそれはあくまでも「話が伝わるレベル」と言うことで、
「初めての人とでも、意志の疎通が出来る」と言うレベルになると、
そんなに簡単ではありません。
私の友人の多くとは、
「語学が一番難しい学問」と言うことで、意見は一致してます。
それぐらい語学は深い学問です。

海外に一週間でも住んでみると、
片言での意志の疎通は誰でも簡単に出来ます、
逆にそれだけ意志の疎通は簡単なんですね。

意味不明になってきましたね~~~爆
簡単に書きましょう。

言葉と言うのもは、決して簡単ではない。と言うことです。

例題です。

「私は彼の話に、失笑した

これの意味はどうでしょうか?

彼の話は、笑える話だったんでしょうか?
それとも、笑えない話だったのでしょうか?

「失笑」の意味を知らない人は、困りますね。
話の中の大切な「情報」が、正確に伝わらないのですね。
自信の無い人は、是非とも、、
「失笑」で、辞書検索してください、
自分の勘違いにビックリするかもです。


この記事は、全て「文字」で書かれてますから、
「失笑」と言う文字で判断する人も出てくるでしょうね~

言葉の話を文字ですると、
問題はもっと、難解になります、、
私自身も、このテーマの記事は、
ブログ始めてから、何度か挑戦しては、
上手く書ききれずに挫折してます、、、あはは~

で、、今日は強引?に記事に対して結末を書きます。

言葉は、生活する上での、

「意志の疎通」

要は「情報伝達」には、必要不可欠です。

その伝達の

「正確さ」

「分かりやすさ」

が大切です。
この2点が、無い言葉は、

ただの叫び声?
もしくは、雑音に過ぎません。

それを意識して、言葉を発しましょう。

最近色々な方の記事を見ても、、
「一部横文字の羅列文」を良く目にします。
私は語学能力低い「お馬鹿」ですから、
その一部の「横文字」の理解に苦しみます、
もっと、分かり易い言葉を使って欲しいと思います。
(そう言う私も、難しい言葉使う時はありますが・・自爆)
しかし、読みたいときは、仕方ないので、、、
その都度、自分で調べて、意味を理解して、又先を読みます。
勿論、時間が無かったり、興味が無い物に対しては、
横文字の部分を、ニアンスで勝手に判断して、内容を分かった
「つもりで」読んでしまいます。
でも、、その様な文章に対しては、多分理解できないでしょうね。

専門書を読むときも同じですね。
最初に「難しいだろうな~~~」と言う気持ちが有りますね。
調べながら読む。  大変ですね。
でもそれが必要な場合もあるでしょうね。

でもでも!!一番大切なことは、

「誰にでも、分かり易い『言葉』を使う事です」

専門書を書いてる人が、「語学者」レベルの語学能力が有れば、
世の中の大多数の人が、専門書を簡単に理解できるでしょうね。
専門書を書く人の語学能力が低いから、専門書の理解が、
難しくなってるのでしょうね!
逆に、「語学者」が専門書を書く人レベルの専門知識があれば、
専門書はもっと理解し易い物になるでしょうね!

あはは~~要は、、どちらも「偏った能力」の人だといってるのです。
まぁーそれが「トップレベル」の世界ではあるんですがね。
有る意味仕方ないですね。

追記:分かり易い言葉で書くと、表現文は、
とてつもなく長い文章になるでしょうね~
「分かり易い」の設定を、何処に設定するかの問題がありますから。
専門書と言う物は、その世界を有る程度勉強してる人が、
読むのが前提として書かれてるから、それはそれで、
よいと言う事は当然ありますので、誤解しないようにしてくださいね!

--------------------------------------------------------------------------------

次回は、文字に対して書きたいと思っています、

この記事で伝えたい事は、

最初の質問です。

言葉と文字の
どちらが「人の成長により必要でしょうか?」と付け加えたらどうですか?

と言うことです。それを覚えて置いてください。
次回はその辺の話をします。
本日の記事は「導入」と言った感じで捉えてください。
特に社会人としての、「言葉」と「文字」に対して
書いていこうと思っています。
ですから、かなり退屈な記事になると思います。


スポンサーサイト
出来る人の条件 | 2006/07/30(日) 11:50 | Trackback:(0) | Comments:(37)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。