プロフィール

緑の大地

Author:緑の大地
名前:大地
年齢:40代後半
   
仲間と、05年に会社を興し、 
悪戦苦闘の毎日です。

気が向いたら?(あはは~)
経営コンサルタントもやります。

仕事で全国各地回ってます。
あなたの街にも行きますよ~
その時は遊びましょう♪♪

「楽しくなければ、
     生きてる意味はない」

「優しくなければ、
          人間じゃない」

皆で、楽しみましょう。
宜しくお願いします。

最近、バイクが趣味になりました。
(なかなか乗れませんが・・・)

カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
ブログランキング
ランキング参加してます!! 応援お願いします!!!
  
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
砂漠を緑の大地に。再投稿
暑いですね~~

最近お友達になっていただいた、
ママレモンさん」がHNの由来を書いていたので、
便乗して?(なんに?)再投稿してみました!




「砂漠を緑の大地に」

今日は、ブログのタイトルになってる「砂漠を緑の大地に」のことを書いていこうと思います。


これは、6~7年前その当時の各支店の支店長の勉強会での話です。

デイスカッションの最中に支店長数人が
「支店の新入社員がレベルが低くて、、何度言っても、理解出来ないんですよ、
社員募集のレベルを上げるか、研修終了の段階である程度
ふるいにかけるか、、したほうが良いのではないでしょうか?」・・

それを聞いて私は滅茶苦茶激怒して
「あほかぁ~~~うぬぼれるな~~!!!」
「お前ら何様のつもり何や!!!」「ふざけるな~~!!!」
そう怒りました。(そりゃぁ~大変でした・・あはは~~)

私「お前らの現状レベルは高いと思うよ」
「じゃぁ~お前らは誰に指導を受けたんだ?」
(社員時代は全員が私の部下でした)

支店長達「○○(私)です」

私「私とお前らの新入社員に対する指導能力はどちらが高いのだ?」

支店長達「○○です」

私「あなた方から見ると、あなた方と新入社員の能力レベルの差と
あなた方と私との能力レベルの差はどちらのほうが大きいと思うのかね?」

支店長達「我々と○○です」

私「じゃぁ~能力も無い貴方たちが、つたない指導能力で教えているんだろう?」

支店長達「はい」

私「それで、世の中の誰が成長するって言うの?」

支店長達「・・・・」

あなた方は『幸運』な事に私の指導を「たまたま」受けれた、
それはあなた方の「運」なり「つき」だろうと思うよ。

でも、私でさえあなた方に指導してるときに

「なんて、馬鹿な奴らなんや!!」

「一回言えば分れやーーー」

そう感じた事は一度や二度ではないよ

でも、、私は理由はどうであれあなた方を指導する立場にいる事は
事実なのだから、





理解できない理由をあなた方の能力のせいにした事はないよ。





理解する側に責任があるとしたら、

「子供を育てる事も」「学校も」存在価値は無いだろうね。

私は指導する事(教える事)に対してこう感じているんだよ。

『砂漠に水を撒いて、植物の種を育てる、、』

大変だろうね~~水を撒いても撒いても種が育つほどの水は残らずに
いつまでも乾燥してるだろうね、、それでも諦めずに毎日撒く、、

一日一回で駄目なら二回、二回で駄目なら三回・・・・

それこそ、100回でも1000回でも、、いつまでも、、

必ず「緑の大地に」するんだ!!と言う力強い「」があれば、
何時の日か必ず「緑の大地」となると信じて、、、、

それは、勿論何の「保証」も「確証」も無い、




アメリカインディアンの話にこんな話がある。

「ある山の山頂には、黄金郷(エルドラド)があると言われてる、
その黄金郷を求めて幾多の人々が山を登る、
厳しいがけを這い登ってるときに、、、ふと、、不安になる、、

『本当にこの先に「黄金郷」は有るんだろうか?』
『そもそも、この山自体が存在するんだろうか?』

そう感じた瞬間に山は無くなりその人は死んでしまう」

それと同じだよ。


『自分を信じる事』


「いずれは分かってくれる」そう信じて、人と「対峙」すれば、
人は必ず変わっていくと僕は信じている。

諦めたら「指導者」ではない!!
昨今学校教育でも社会でも指導する立場の人がすぐに「諦める」

なんと、悲しい事でしょうね、、

まぁ~そんな低脳な人が指導者になってる事が問題なのかもしれませんが・・・


   
  『砂漠を緑の大地に』私は決して諦める人間にはなりません!!



この記事これで3度目です、、
以前からお越しいただいてる人には、怒られそうです!!あはは~~

スポンサーサイト
手抜き(再投稿) | 2007/05/26(土) 01:45 | | Comments:(60)
目標(再投稿)
GW終わりましたが、いかがお過ごしですか?
私は元気です!!

・・・が・・・・記事は手抜き再投稿です・・爆

今、私のところを覗いてくださってる殆どの人が、
読んだ事の有る記事だと思いますのが、、あはは~~



仕事とは何でしょう?

『仕事とは、個人の生きて行く為の、方法であり、手段である』

私はこう思っています。

どの様な会社であっても、これは不変だと思います。

「個人の仕事における、スキルアップ」
「生活の向上」
「趣味の充実」
「在籍する会社の発展」
「暇つぶし」
「世間体」
「仕方なく」・・・etc・・

仕事する、理由は人それぞれでしょう。
どれもが、正しい事だと思います。
どれもが、「生きる」と言う事だと思いますから。

価値なんて、他人が決めるものでもないし、押し付けるものでもない。

仕事とお金って良く似てますよね。
何に使うかは自由・・それと良く似てますね。

未来に向けての、考え方も似てると思います。
未来にどの様に、向うか、これも本人の意思でしょう、価値を決めるのは本人。

恋愛も一緒。


「仕事」「お金」「未来」「恋愛」・・・etc・・


なんにしても、周りが正しいアドバイスなど出来るはずも有りません。

それを、承知で、個人が個人に「アドバイス」する。

これはその人に対する「愛情」だと思います。

でも世の中には、その「愛情」を利用して、

騙したり、笑ったり、利用したりする、人が多いのも事実でしょうね。

それが、頑なに「人」を拒む人格を形成する要因でしょうね。

もっと、素直に、耳を貸して、見れば良いのに・・

もっと、人を尊重できれば良いのに・・

世の中って、悲しいですね。


手抜き用の、カテゴリーとして「一言」コーナー新設しました。爆



この記事が「一言」の最初だったんですね~~

次回は前回のコメントの中から、
この2回の関係記事かいてみたいと思っています。

手抜き(再投稿) | 2007/05/07(月) 23:26 | | Comments:(32)
影響(再投稿)
こんにちは~~今日も余震の強いのがありましたが!
大丈夫ですよ!!
今回は久しぶりに??
再投稿??(またかよーーー爆)
同じ?「被災地仲間??」のchangさんも再投稿記事を
始めたみたいで・・
被災地は?バタバタしてるとの事で。。ご了承くださいね!
まぁーーchangさんにおいては当日スロっていたみたいですが・・あはは~~


誰が言ったのか名前も、いつの時代の人かも分かりません、、が

ずいぶん前に、仕事で移動中の新幹線の座席の前に、
置いてあった本で 読んだ記事の中に、


人の人生は、他人(ひと)の人生に影響を与えた時に、価値を持つ


見たいなことを書いてあるのが、目にとまりました。
深く頷いて、言葉を自分なりに理解しました。
(正確な文章ではないと思います)

この言葉は、アメリカ大リーグの初の黒人選手の

「墓標」 に刻まれてる言葉らしいです


素晴らしい言葉です!

人種差別の壁、、いや、、、

人間としての『壁』を越えた人の心とは、
こんなにも強いものであると同時に!
強さの「根元」には、どの様な偉人賢人も共通する、

次なる世代への影響』  

と言うものを「心」の糧にして頑張ったんだな~~と感じる。

私は色々な研修に参加した時に、

「自分のための努力には限界があるが、
他の人のための努力なら、自分を超えれる可能性がある」

そう教えます。

私は幸運にも

この人のために頑張りたい!と言う、人が数人います、

この事は、私にとってとても、重要なことで、

その人達に、感謝してます。

私の傍にいてくれてありがとう!

頑張りましょう!


(前回の記事の続編??って感じで再投稿してみました。)


『あなたには何人の「ひと」がいますか?』

その人のために頑張りましょう!!
勿論、未だ見ぬ、未来の「ひと」のために頑張りましょう!!



ちなみに・・・miki♪さんchangさん私の再投稿は、
完全コピペではありません!!とりあえず少しは手直しします・・
って・・・手抜きには変わりないか!!あはは~~


手抜き(再投稿) | 2007/03/28(水) 18:59 | | Comments:(30)
親に思う。(再投稿)
いつまでも、
誕生日の記事載せてるのは、
恥ずかしいから、、、、
でも、記事も書けないし・・・
で・・得意技の?再投稿・・・と言うことに!あはは~~


生まれて、○○年の事をあれこれ昨晩思い出してました。

ので。。親に思う・・で・・例の記事を!爆

読んで頂いてる方は、、スルーで!!




最後に泣いた日

私の最後に泣いた日は、小学校5年生です。
その後、一度も泣いた事ありません
涙は溢れても「泣いた事」ないのです。

その日、母親が理由は忘れましたが、前日の昼間からいませんでした。

前日の夕食は父親が「ダゴ汁」
(トン汁みたいなものですが、肉の変わりに、メリケン粉か片栗粉を、丸めて入れるのです。)
作ってくれて、家族で楽しく食べました。

次の日の朝、
父親が朝ごはん作ってくれて、
「目玉焼きと」昨晩の残りの「ダゴ汁」「白ご飯」・・
父親が、朝早く起きて、
炊事場にいる姿は子供心に、

不思議」な光景でした。
(私の生まれ育った所では、
男が台所に立つと、祖父や祖母からは叱られてました!)

学校に行く前に、
父親から「弁当」もらって、学校に行きました。
(私の小学時代は、田舎過ぎて、給食が有りませんでした)
普通に授業が進んで、昼ごはんの時間。

私は、普通に弁当箱出して、普通に食べだしました、
その時、廊下から(私の席は、廊下のすぐ横)

「おい~~見てみろ、こいつの弁当のオカズ、、一種類だぞーー」

その声は、「ボス的」存在の6年生でした。
それから、「どれどれ」見たいな感じで、5~6人が入ってきて、
私の弁当箱を取り上げて、皆で笑い出しました

私は、父親が朝早く起きて作ってくれている姿を知っていますから。
父親に対して申し訳なくて、無性に腹立ちました。

それで、「ボス的」6年生を、押し倒し、馬乗りになって、
顔面を 泣きながら、叩いてました。

相手も、鼻血を出しながら、泣いてました。

騒ぎを聞きつけて、やって来た先生に止められました、
先生に「どうした」と「詰問」されましたけど。

私は一言も喋りませんでした。
父親の事を、喋りたくなかったのです。
何故か分からないけど、

父親の今朝の姿を

言いたくなかったのです。

勿論、6年生の「奴ら」も、「知らない、分からない」・・だけ。

何も喋らない私、先生は困って、事の全てを、父親に連絡しました、
父親がやってきて、(すぐ横の中学教員でした
理由を聞かれましたが、黙ってました。

当然、、
目から「火」が出るほど、殴られるわ投げられるわ。爆

それでも、

私は泣きませんでした

多分これが昨日までなら、泣いてたでしょう。

そのまま、家に連れて行かれて、
又聞かれましたが、何も言いませんでした。
勿論・・・また・・殴られて、投げられて、、爆

夕方母親が帰ってきて、
変形した私の顔を見て、

「どうしたの?」と聞かれましたが。

「無言」でした。  

追い討ちで、、母親にも、、殴られました、、流石に投げられはしませんでしたが。 (ラッキーでした♪)

父親が事情を話すと、
母親が今から3人で謝りに行こうと、言い出しました。

首掴まれて、玄関にほうり投げられて、靴を履いて。
私は渋々、付いて行きました、、

相手の家について、(田舎ですから、親同士は仲良しです)
両親が謝る姿を見ました。
父親、母親が、私に、謝りなさいと言いましたが。

無言・・でした。

またまた、、今度は、(新しい攻撃で)父親に蹴られました

それでも、、、無言でした、、

相手のおばさんが、、あきれた顔で、、まぁ良いじゃないですか。

と言ったので、両親がもう一度、頭を下げて、家を出ました。

帰り道、周りはすっかり暗くなってました。

私の両親は、「大激怒モード」、、、父親が、無言で、、
殴り、蹴り、、とどめに、、横の「川」に投げ込まれました。
慌てて、岸につかまり、這い上がってる私を、両親は置いて、先に歩いて行きました。

私は、無性に悲しくなって、、

そのまま、家とは逆方向に歩いて行きました。

海に出て、堤防の所に座り込んで、泣きました

その日は家に帰りませんでした。
(親は捜した見たいです)

次の朝、陸揚げしてる定置網に潜り込んで寝ているところを
見つけられて、
(別に隠れてるつもりはなかったのですが・・爆)

今度は、叔父さん伯母さん両親、、に「集団暴行」受けました。


これが、私の「最後の泣いた日です」



ある人のブログ見て、急に書いてみたいと思ったので、書いてみました。




この日の出来事は、未だに、両親も真相は知りません

たまに、実の妹が、私のブログ読んでいるみたいですが、、

(この場を借りて、妹に・・・)
「覚えてるかな~~?覚えていないだろうな?覚えてたら真相はこうだったんだよ!」

まさか・・おやじは見ないだろうな~~爆
家にインターネットの環境無いから大丈夫か!(ホッ!)

「日記」でした。



当然私も「人の子」ですから、
色々な想い出はあります、、、
別の記事にしたいのは山々ですが・・
記事を書く時間が無かったので。。再登校させてもらいました。

昨日も書きましたが。

「私を育ててくれた、私の周りに感謝です。」

「私もあなたの『周り』ですよ~~」って人は、、ポチね!爆


手抜き(再投稿) | 2006/12/21(木) 06:29 | | Comments:(31)
暗闇を全速力で走る。(再投稿)
皆様こんにちは!今週も頑張りましょうね!

・・と言う事で・・(どういうこと???爆) 
お約束の「手抜き再投稿」です!あはは~~



目を閉じて、20mで良いから『全速力』で走って下さい


どうですか?出来ますか?現実の世界なら私には出来ません!!(笑)


ビジネスの世界だけじゃなく、家庭、夫婦、恋人、スポーツ、、
どの様な世界にでも「リーダー」と言うものは存在します。

リーダーの資質の一つが

暗闇を全速力で走る」ことの出来る人だと思います。


一見「無謀」とも見える行動ですね!!
殆どの人が、未知なるものに対峙すると、考えますね。

でも「未知」なるがうえに、考えても見えてこない、、
勿論大量の「情報収集」が可能な現在それはそれでやるでしょう。

それでも、
「自分がやったわけではないし・・」
「見たわけでもない・・・」  となりますよね。


そんな時に「暗闇(やった事がない、見た事もない事)」に

無防備」に「自然体」でしかも全速力で!!

向かっていけるそのような人は必ずどこの世界にでもいるのです。

そうして「走りきって」向こう側から


お~~い、みんな~~大丈夫だぞ~~来いよ~~』って


呼んでくれるのです。

たとえ途中つまずいても

たいした事ないぞ~もう一度やるわ~

で再チャレンジ。

『リーダー』の資質の完成です。
(経験者=リーダーではないのですよ!!)

未知なるが故に不安、、見えないから不安、、

その不安を

「軽減」してくれる人のことを私は「リーダー」だと思います。


「リーダー」と「指導者」とは、、似てますが全く「異質」

「異次元」のものですから、、、

どんなに有能な「リーダー」でも

「良き指導者」になれるとは、「夢にも思っては」いけません。


私自身「リーダー」を「経由」して指導者の『端くれ』になれて、、
痛切に感じた「リーダー」と「指導者」の違い。
私のブログのサブタイトルでも有りますがね!!

『10人までなら力・・・・』あはは~~

この辺の話が、書き終わるのは何時の事でしょうね~~(笑)

「指導者」に対してもまたいずれ書きますね。




サブタイトルの記事書きたいのですが・・・まだまだ先かなぁーって思っています。爆
今週もポチ!!お願いしますね!!あはは~


手抜き(再投稿) | 2006/12/11(月) 02:08 | | Comments:(46)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。